【5万円!?】野良猫を飼うときの検査や初期費用は?

この記事をまとめ
「野良猫を飼いたいけどどのくらい費用がかかるの?」
「飼いたいけど養っていけるのかな…?」

というお悩みを解決するため、野良猫を飼うときにかかる初期費用を解説します。

私自身も野良猫を拾ってきて現在飼っていて、飼い始める前に費用面が心配になりました。

本記事では野良猫を飼う費用や内訳、実際に飼った経験談をご紹介します。

猫たろ
保護して本当に本当によかったけど、お金は当然かかりましたね…!

野良猫を飼うなら、飼いたい気持ちだけでは厳しい面があります。

実際にどんな風にお金がかかるのか、保護を考えている人の参考になれば嬉しいです。

私が野良猫を飼った時の費用

実際に私が野良猫を飼うときにかかった費用をご紹介します。

※すでに去勢されていたので、去勢費用はかかっていません。
※先住猫がいたので、敷金礼金はかかっていません。

病院 血液検査 15000
病院 ノミダニ駆除 2000
病院 寄生虫駆除 2000
病院 ワクチン2回 10000
病院 便秘などその他 2000
設備 ケージ 8000
設備 水入れ、ご飯入れ、 2000
設備 トイレ 3000
設備 ご飯 1000
設備 その他諸々 3000
合計 48000

上のような形で費用がかかりました。

合計:48000円

改めて見るとかなり大きい金額ですね。

もし去勢をしていな飼ったりペット可の賃貸に住んでいる場合はさらに追加で金額がかかることになります。

ですが、ペットショップやブリーダーから飼う場合よりは全然お金がかからないと思います。

猫たろ
私が先住猫をペットショップで飼った際は20万〜30万円かかりました…
さくちゃん
初めてだといらない物もわからなくて買っちゃったからね

野良猫を飼うときは5~10万は見ておく

なんだかんだで5万円以上はかかると見ていていいと思います。

実際に私はさっきも書いたように5万円かかりました。

5万円”以上”と書いたのは、賃貸に住んでいる方は、ペットを飼う際は追加で1~2ヵ月分の敷金がかかる場合があるからです。

それでは費用の詳細についてご紹介していきます。

野良猫を飼うときにかかる費用の内訳

先ほどは私が実際に飼った時のお金をかかせていただきましたが

一般的に野良猫を飼うときにかかる費用はこの4つです。

費用
・捕獲するのに必要なもの
・追加の敷金(場合によって)
・病院代
・飼うための設備

詳しくどんなものに費用がかかるのかご紹介します。

1.捕獲するのに必要なもの

捕獲に必要なもの
・捕獲器:5000円
・エサ:200円
・毛布、ダンボール:500円

人懐っこい野良猫ならそのままケージに入れて連れてくることができますが

警戒心の強い野良猫を飼おうとした場合には捕獲器が必要になります。

捕獲器は5000円ぐらいで購入することが可能です。

捕獲方法はYoutubeに色々な動画があるので是非見てみてください

猫たろ
ウチの子は膝の上に暖を取りに来たのでそのまま捕まえちゃいました…

2.敷金(場合によって)

ペット可の賃貸マンションやアパートに住んでいる方は、

ペットを迎える際に追加で敷金が必要になる場合があります。

金額としては1~2ヵ月分の家賃に相当する額が目安になります。

住んでいる賃貸によって条件が違うので、契約書を見返してみてください!

猫たろ
私の場合も初めて飼ったときに1ヵ月分かかりました。痛い出費です…

3.病院代

捕獲に必要なもの
・健康診断(初診も):3000円
・去勢費用:15000~30000円
・ワクチン(2回):10000円
・血液検査:15000円

ざっと病院代だけで4~5万円かかると思います。

野良猫を飼うときには初めに動物病院へ連れていかなければいけません。

健康状態のチェックもそうですが様々な理由があります。

健康診断費用(初診も) 健康チェック。栄養不足などないか身体をみてもらう。
去勢費用 去勢をしないと夜鳴きやスプレー行為など問題行動に繋がる可能性がある。
ワクチン費用(2回) 感染症を防ぐために年一回必要。
初めての場合は2回する可能性もある。
血液検査費用 白血病や猫エイズなど治らない病気があり、かかっていた場合に先住猫に移る可能性がある。

 

4.飼うための設備

飼うための設備
・ケージ:10000~20000円
・トイレ:3000円(本体)
・水入れ、ご飯入れ:2000円
・キャットフード:1000円
・爪研ぎ:300円
・猫用シャンプー:2000円

野良猫をお家に入れるために最低限必要なのはこの6つです。

猫を飼うための諸々は合計で3万円弱です。

猫たろ
一度揃えてしまえば、あとは食費とトイレだけです!

必要な理由は筆者が色々試した中でおすすめのものもご紹介します。

1.ケージ:1万~3万円

必要な理由
・猫のパーソナルスペースになる
・爪研ぎやトイレを覚えさせるため

猫が安心するスペースを作ってあげたり、トイレや爪研ぎを覚えさせるのに必要になります。

お布団にウンチやおしっこをしてしまわないように防ぐことができます。

おすすめの猫用ケージ「ボンビアルコン」

購入するならボンビアルコンのウッドワンサークルがおすすめです。

私自身愛用していますが、中で動き回っても全然倒れる心配はなくて、猫が指を挟む場所もないので自信を持っておすすめできます。

1段〜3段まで3つのサイズを選ぶことができます。

左右の枠に木材を使用しているので部屋でもお洒落です♪

猫たろ
我が家では3タイプ全て購入しています!
・小さい子は1段タイプ。
・大きい子は3段タイプ。
・帰省用の実家に2段タイプ。
初めて買ったときにすごく気に入ったのでそのまま使っています♪

\おすすめケージ3タイプの特徴/

1段タイプ
ボンビアルコン (Bonbi) ウッドワンサークルキャット ミニ
4kgぐらいの猫にちょうどです。
たくさん動き回る子には不向きかも
トイレを入れるとスペースがなくなるのが微妙です…
>Amazonでみる
2段タイプ
ボンビアルコン (Bonbi) ウッドワンサークル キャット 2段タイプ
7kgぐらいの猫でも十分でした。
動き回るスペースは3段少ないですが、トイレのスペースも十分にあります。
>Amazonでみる
3段タイプ
ボンビアルコン (Bonbi) ウッドワンサークル キャット 3段タイプ
7kgの活発な猫にぴったり。
ゆとりを持たせるなら少し高いですが、3段がちょうどいいです。
>Amazonでみる

 

2.トイレ(本体):3000円

トイレは最低限だと箱と猫砂があれば十分

本当にコストを下げれば1000円以下で済むはずです。

ちゃんとしたものは大体3000円です。

色々なトイレの種類がありますが、長くなるので我が家で使用しているものをご紹介します!

おすすめ「デオトイレ」

デオトイレがダントツでおすすめです。

「臭わないし、トイレの交換がとにかく楽。」

トイレの臭いに悩まされて色々試しましたがデオトイレが一番でした。

システムトイレといって、砂の下におしっこシートを入れるトレイを差し込めるのでおしっこ交換が少なくて楽チンです。

初めて猫を飼う方はデオトイレの本体セットを買うだけで猫砂もシートも付いているので2~3週間は持ちます◎

あわせてウンチ袋もあると便利

値段は少し高いですが、他のウンチ袋だと匂いが漏れてしまって大変でした…!

ゴミの日までにすごい悪臭を放つので気になる人は用意していても損はありません◎

猫たろ
サイズはssサイズで十分です。

3.水入れ、ご飯入れ:2000円

水入れとご飯入れはあわせて1000~2000円ぐらいです。

おすすめは「陶器の容器」

もしこだわりがなければ陶器がおすすめ。

アレルギーなどが一番出ずらいのが「陶器」なんです。

猫たろ
私は最初にアルミのものを買ってしまって、猫ニキビで悩まされました…

おすすめは「猫壱」というブランドで容器もしっかり&デザインもかわいいです◎

お水はペットボトルで入れられるタイプがおすすめです。

4.キャットフード:1000円

キャットフードは、まずは小分けで入っているものを買ってみるといいと思います。

猫にも好みがあるので合わないと食べないこともあります…

猫たろ
緊張などもあってご飯を食べないと急激に体重が落ちたりするので、相性がいいものを探してあげてくださいね◎

我が家では「モンプチ」を食べてくれた

いつも先住猫にあげていたご飯を野良猫にあげたところ食べてもらえず色々探すハメになりました…

そのときに食べてくれたのが「モンプチ」で、

色々な種類の味が小分けになっているバラエティセットを購入してあげてみてました。

猫たろ
好みがわからないならバラエティセットにしましょう◎
きっとどれかは食べてくれるはず!

5.爪研ぎ:300円

爪研ぎは野良猫もするので用意してあげましょう。

安いのでは300〜3000円とかなり幅があります。

まずは安いもので十分だと思います。

爪研ぎの裏にマタタビの粉末が付いているので、マタタビをつけて興味を持たせて覚えさせられます◎

6.猫用シャンプー:2000円

野良猫がお家に来たときに汚れやノミがついているので落として上げる必要があります。

お風呂好きじゃない限り嫌がると思います。

慣れて来てからのタイミングでシャンプーをします。

シャンプーは泡タイプがおすすめ

泡タイプだと泡立たせる必要がないのでサッと洗ってあげられます。

口に入れても大丈夫なものなので我が家でも愛用しています。

猫たろ
仔猫用だけどハーブの匂いで汚れも落ちやすいので使っています◎

月々の費用はどのくらい?

初期費用だけではなくて、そのあとに毎月どのくらいお金がかかるのかご紹介します。

一般的には1匹につき1万円と言われています。

私自身猫を飼っていて食費とトイレ代だけでいえば1匹につき月5000円もかかっていないと思います。

ですが夏は冷房をつっけぱなしにしたり、たまに病院に連れて行ったりすると毎月1万円ほどかかっています。

【プラス】野良猫を飼った経験談

  • 生活がすごく幸せになった
  • 膝の上で寝ていたり可愛い
  • 安心して寝ている姿は本当に連れてきてよかったと思う

野良猫を飼ってよかったことです。

生活が本当に幸せだなと感じるようになりました。

外は冬は寒く夏は暑く、雨や台風などの自然災害もあります。

お家に来てくれて幸せになって欲しい、この子を絶対に守るんだと思えます。

猫たろ
お金では買えないものだなとしみじみ実感しますね…

【マイナス】野良猫を飼った経験談

  • 捕獲する時にすごく可哀想
  • 夜鳴きがとにかくひどい
  • 寄生虫がお尻から出てくる
  • 検査結果がわかるまでの不安
  • ノミやダニが痒い
  • 先住猫がいる場合は隔離が大変

マイナスだったことの中で一番きつかったのが夜鳴きでした。

毎日1時間おきに叫ぶように鳴いていたので当然ですが寝不足でした…。

上のようなことで悩むこともあるけれど、それ以上の幸せは猫からもらえます。

【体験談】旦那が育猫ノイローゼになって大変でした

最後に

私は野良猫を連れて来て全く後悔していません。

野良猫を飼うか迷っている方は、それぞれの事情もあると思います。

まずは自分の生活。そして猫ちゃんのことも幸せにしてあげれるのなら連れて行ってあげてください。

少しでも悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク