就活体験記②「面接で実際に聞かれた質問」

こんにちは!ゴリブロを書いている佐々木ゴリラです!

先に私は誰かって話しますね。

●現役女子大生(19卒)
●広告代理店就職予定
●見ていた業界:IT、インターネット広告

何処にでもいる文系の法学部生です♩
ぶっちゃけITの知識は皆無です。単位もギリギリ、Fランです♩

そんな一般的に見たら就活弱者の私ですが、就活開始が10月で内定は2月に貰って3月には内定承諾しています。

ちなみにSPIの勉強はしていません。

授業でとったSPIの単位は落としています笑

そんなかな〜りヤバめの大学生していますが、就活はわりかしいい企業いけました。

だから、前置きは長くなりましたが

うまく答えられればどうにかなる!(面接)

面接の前後で絶対やるべきこと(自己流)

面接しっぱなしの人ってかなり多いイメージです。

しかし、面接は試行錯誤の繰り返しになると思います。

そこで私が実践していたこともご紹介します。

面接前

20分前には会社到着でエントランスの椅子とかで待機します。

でも、めちゃくちゃ緊張します笑

胃穴開くぐらい笑

だから、緊張をほぐすために仲良い友達、恋人などめっちゃ仲良い人と2.3分でいいから電話します。

これだけでかなり緊張がほぐれるのでおすすめです。

面接後

ここがポイントです。

面接が終わった瞬間に記憶が改ざんされる前に

▼面接で聞かれたこと
▼反省点
▼よかった点
▼あればFB(フィードバック)

これを速攻でメモします(私は携帯のメモに書いてました)

こんな感じで1社に対して1枚のメモ使って、1.2.3次面接と情報をためていました。

次回面接の前に読んだりして、前回の反省点を意識して面接に望んでいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

OO/OO ●●会社 1次面接

【質問内容】

【反省点】

【よかった点】

【FB】

ーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に面接でされた質問(某ネット広告の会社)

お待たせしました!

私が面接を受けていて実際にされた質問をまとめていきます。

ITやインターネット広告自体がベンチャー気質の会社が多かったので、事業内容に関しては皆無的に聞かれていません

よりかは、未来志向の設問と過去の深掘りが多かったです。

それでは1次面接、2次面接、・・・と分けてご紹介します。

(何社かの面接を複合させています。)

1次面接の質問内容(グループ面接)

主に1.2次面接ではポテンシャルに関する質問が多いです。

ポテンシャルは人柄や過去体験に関することです。

ぶっちゃけ1次面接は相当やらかさない限り受かると思います。

(“→”マークはその質問に対する深掘り質問です。)

【質問内容】

・学生時代頑張ったこと
→その体験の中での挫折
→なぜ頑張れたか

・働く上で何を求めたいか

・どんな時にモチベーション上がるか

・一緒に働くならどんな人?

・自己紹介

・就活軸、就活状況

・大学時代一番頑張ったこと

2次面接の質問内容(個別面接)

2次面接ではコミュニケーション能力を見ていると面接終わりに面接官に言われました。

ちなみにここでいうコミュニケーション能力は大学生のカースト上位のウェイを表しているわけではありません。

▼端的に
▼ロジック立てて
▼わかりやすく話せるか
▼あとはちゃんと目を見て話せるか

こんな感じのビジネススキル的なところを見られているのでコミュ障でも心配ありません。

ネットでいきがる陰キャゴリラでも大丈夫だったので、皆さんは心配ないと思います。

【質問内容】

・逆質問(多め、5個とか)

・学生時代頑張ったこと

・なぜ営業がやりたいのか、営業で何したいか

・自分の強みは?

・学部選んだ理由とネット広告見てる理由

・OOO業界の中でXXX会社がいいと思うの?競合と比べて自社はどう?

・履歴書(ES)を見つつ質問
このバイトでは何したの?

・最後にアピールしたいこと1個言って!

3次面接の質問内容(個別面接)

3次面接は経験上、圧迫面接が軽く入ります。

とにかく負けずに言い切ることが大切です。

ちなみに3次面接受ける前にOB訪問して、鬼詰めされることをおすすめします。

自己肯定感下がる可能性もありますが…笑

【質問内容】

・なんでネット広告を見ているか

・大学時代一番頑張ったこと

・大学時代したことについてのきっかけ

・サークル活動

・中高の部活でのポジション

・就活軸とその理由

・20.30代で働いている自分がどう活躍しているか

・入社してどうなりたいか

最終面接の質問内容(個別面接)

※最終面接でもガンガン落とされます。気をつけましょう

最終面接はとにかく過去の深掘りされました。

極論、自社で成果を出す人材かどうか

が見られています。

自分の素直な気持ちを率直にぶつけることが一番じゃないかと思います。

ちなみに私は、福利厚生について自分の理想に合致しているか確認するために30分以上聞きました。

一応、就活におけるタブーにガッツリ触れていますが内定はもらいました!

【質問内容】

・将来何を成し遂げたいか

・会社に何を求めるか

・過去の深掘り

・逆質問
→かなり時間取られているので、多めに用意しましょう
→私は30個用意してました笑

まとめ

こんな感じで、今回は面接の質問内容に関して実体験で質問されたもののみご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

猫たろ

こんにちは! 猫ぶろの執筆している猫たろです。 今はアメリカンショートヘアの男の子と一緒に暮らしています。 ゆるい感じで進めて書いて行こうと思います。