【トップ10発表】ワニの大きさランキング!体長から体重まで徹底比較!

こんにちは!女子大生のゴリラ子です!

ワニの大きさは?
ワニの大きさのランキングは?
▼1番大きい種類ってなんだろう?

ワニって大体の大きさはわかるけど、実際に大きさを種類ごとにランキングにしたところって見たことない、、

ということで、今回は片っ端からワニの大きさをランキングにして行きたいと思います!

ワニの種類

全世界にワニは23存在します。

その23種のワニは「クロコダイル科」「アリゲーター科」「ガビアル科」3科に分けられます。

1番有名なのが皆さんご存知の「クロコダイル」だと思いますが、実際にクロコダイルって名前のワニはいなくて、実は「科」の名前なんです!

[ワニの種類] ▼クロコダイル科=14
アリゲーター科=8
ガビアル科=1
(Wikipedia参照)


(出典:Wikipedia「ワニ」)

左からアリゲーター科(ミシシッピワニ)、クロコダイル科(ナイルワニ)、ガビアル科(インドガビアル)の顔の特徴です。

顔から見てもわかるように、ワニとして一般的にクロコダイル科が有名だとわかります。

ワニの種類一覧(計23種)

クロコダイル科=14
・アメリカワニ
・アフリカクチナガワニ
・オリノコワニ
・オーストラリアワニ
・フィリピンワニ
・モレレットワニ
・ナイルワニ
・ニューギニアワニ
・ヌマワニ
・イリエワニ
・キューバワニ
・シャムワニ
(・ニシアフリカコビトワニ)
(・マレーガビアル)
※()2種については別の属に所属

アリゲーター科=8
・アメリカアリゲーター
・ヨウスコウアリゲーター
・メガネカイマン
・パラグアイカイマン
・クチビロカイマン
・クロカイマン
・コビトカイマン
・ブラジルカイマン

ガビアル科=1
・インドガビアル



ワニの大きさランキング

ワニの中では大きい個体が多いと言われている「クロコダイル科クロコダイル属」12種類でワニの大きさランキングを書いていきます。

クロコダイル科は最大の大きさの個体で7メートルとも言われています。

※ワニの種類の最大サイズで比較してランキングにします。

No.1「イリエワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「イリエワニ」)

▼全長:
[オス]4メートル
[メス]3メートル
=最大7〜8メートル

▼体重:
[オス]450キログラム
[メス]170キログラム

海流に乗って移動することもあり、日本では奄美大島、西表島、八丈島で発見されたこともありまっす。

イリエワニは、ワニの中でも特に攻撃的な性格でさらに顎の噛む力は同種の中で最大級です。

No.2「オリノコワニ(クロコダイル科)」


(出典:venezuela「オリノコワニ」)

▼全長:
2〜3メートル
=最大6〜7メートル(近年では最大5メートルくらい)

▼体重:
[オス]約430キログラム
[メス]200キログラム

ワニの中では、地上での移動速度がかなり早く、時速60キロで一番大きいワニであるナイルワニの地上速度の約3倍も早く移動します。

地上で追いかけられたらひとたまりもないです。

No.3「アメリカワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「アメリカワニ」)

▼全長:
[オス]4.1〜4.8メートル
[メス]3メートル
=最大6.5メートル

▼体重:
[オス]400〜500キログラム
[メス]170キログラム

アメリカ南北大陸の汽水域、海岸、河川の下流、湖沼などに生息しています。

アメリカワシントン州ではゴルフ場などにもよく出没するそうです。



No.4「ナイルワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia)

▼全長:
[オス]4.2メートル
[メス]2.4〜3.8メートル
=最大6メートル

▼体重:
220〜550キログラム

ナイルワニは、アフリカ大陸に生息しています。

ナイルワニという名前の由来ともなっているナイル川に生息しているナイルワニは現在絶滅しています。

そのナイルワニの中に”ギュスターヴ”と呼ばれる最強の個体がいます。

ナイルワニの中で伝説級の人喰いの記録を持っていて、300人以上も犠牲になっているそうです。

2008年以降ギュスターヴは目撃されておらず、現在の生死は不明です。

No.5「ヌマワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「ヌマワニ」)

▼全長:
[オス]3.2メートル
[メス]2.4メートル
=最大5メートル

▼体重:
200〜500キログラム

No.6「アフリカクチナガワニ(クロコダイル科)」


(出典:カラパイア「アフリカクチナガワニの赤ちゃんが生まれたよ」)

▼全長:
3〜4メートル
=最大4メートル?

▼体重:
不明

西・中央アフリカの熱帯雨林の河川、湖沼、マングローブの沼地に生息しています。

現在の生息数わずか500匹と推定されてかなり少ない個体数です。



No.7「シャムワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「シャムワニ」)

▼全長:
3〜4メートル
=最大4メートル

▼体重:
不明

シャムワニのシャムはタイの旧名が由来します。

低地の流れの緩やかな川や周辺の沼に生息しています。

No.8「キューバワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「キューバワニ」)

▼全長:
[オス]4メートル
[メス]3メートル
=最大3.5メートル

▼体重:
不明

現在はキューバ国内の2箇所の沼にしか生息しておらず、生息数はかなり少ないです。

No.9「オーストラリアワニ(クロコダイル科)」


(出典:Wikipedia「オーストラリアワニ」)

▼全長:
2〜3メートル
=最大3メートル

▼体重:
不明

オーストラリアワニは、基本的には淡水域で生活していますが、イリエワニと同じ場所(入り江など)で生息していることもあるようです。

海水域で生息するイリエワニに対して、淡水に住んでいることから「淡水のワニ」とも言われています。



No.9「モレレットワニ(クロコダイル科)」


(出典:Rep JAPAN ニュース・新着情報「モレレットワニ(グァテマラワニ)の取り扱いについて」)

▼全長:
2〜3メートル
=最大3メートル

▼体重:
不明

メキシコ北部に生息しているワニです。

No.9「ニューギニアワニ(クロコダイル科)」


(出典:DATE FILE「ニューギニアワニ」)

▼全長:
3メートル
=最大3メートル

▼体重:
不明

現在、ニューギニアワニは浅い沼や湖などの淡水域に1万頭以上生息しています。

No.12「フィリピンワニ(クロコダイル科)」

▼全長:
=最大2.5メートル

▼体重:
不明

画像やデータがほとんどありませんでした。

名前の通りフィリピンに生息しています。

まとめ

今回はクロコダイル科のワニの大きさのランキングを特集しました!

しかし、さすがワニさん3メートル以上の個体がいる種類が多いですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

【TOP3発表】世界最大の大きさ"ワニの種類と個体"

2018.10.30

【ワニをペットにしたい】値段や飼育方法、最小サイズについて

2018.10.24

【20選】"ワニ"が見られる日本全国の動物園まとめ

2018.10.31
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゴリラ子

こんにちは! ゴリラブログの管理者のゴリラ子です! (中身は女子大生です) 最近は単位も取り終わったので、貯金で引きニート生活を楽しんでいます。 Youtubeにも飽きてきたころなので趣味で雑多ブログをはじめました。 ゆるーい感じで進めて行こうと思います。