【実体験】女子大生300万円のインプラント入れた。デメリット・リスク言います

こんにちは!

ゴリブロを書いている女子大生の佐々木ゴリラです!

実は、私自分の口に総額500万円かけています。

インプラントを10本入れています。

そんな、実際にインプラントを入れた私がインプラントを入れた時のこと、デメリット・メリットを正直に告白しようと思います。

なんで10本もインプラント入れることに?

普通に考えて大学生でインプラント10本っておかしいですよね笑

金額も洒落になりませんし。

なんで私がそんなにインプラントを入れることになったのかまずお話ししようと思います。

私は病気かはわからないんですが「永久歯先天性欠如」という病気のような先天性のものがあります。

生まれた瞬間から永久歯(大人の歯)が欠如しています。

最近の子供の場合、永久歯が数本足りないってことは結構あることらしいんですが

私の場合、前歯以外10本以上存在していません。

私の下手な絵で説明するとこんな感じでした。

結構な数の歯がないです笑

もともと小学生の頃からインプラントをしろとは言われていました。

インプラント設置するまでの期間

▼1年間の矯正

▼インプラント手術(2時間)

▼根付くまで半年間(その間に型取り)

▼歯の部分の設置

だいたい終わるまで1年半かかりました。

矯正も含めてだったので早いですね!



インプラント手術の恐怖

①「長時間の拘束(部分麻酔です)」

インプラントの手術に関してですが正直めちゃくちゃ怖かったです。

私の場合、早さと正確性で1番有名なインプラント歯科にお願いしたので6箇所穴を開けて器具を設置するので2時間近くで終わりましたが

長い人だと6時間もの手術の時間がかかるそうです。

一般的に1本につき1時間かかる計算ですね。

場所や角度を見ながらやるのに時間がかかってしまうそうです。

②最高級の痛み

本当に痛いです。

2日間まともに寝ることができません。

寝返り打つたびに痛みで起きるイメージですね。しかも、起きている時間は容赦なく歯の神経痛が襲ってきます。

そして、手術の1週間後に傷口の抜糸をするのですが、麻酔なしなのでめちゃ痛かったです。

歯茎から糸が抜かれる感触が最悪でした。



③恐怖の再手術

私の場合、もともとの歯茎の下にある骨が薄すぎて手術後に「骨移植」をしました。

絶望的な痛みが手術の後に襲うので、再手術は本当に怖いです。

④麻酔の打ち直し

歯の矯正をした後に、インプラント手術を行う人は要注意です。

歯の矯正をした人は、高確率で麻酔が効きづらくなります。

私自身、矯正をして毛細血管の位置が変わって全然麻酔が効かない体質になりました。(口限定)

そのため、麻酔をしてもメスの一刀目で悲鳴あげそうになりました。

麻酔が全然効いていないんですね。

なぜか、効果が切れるのも早いので途中で痛くなってきます。

何度も麻酔を打ち直すのは本当に怖かったです。



“インプラント”のメリット

①ご飯が美味しくなった

これは本当です。

前よりも味について敏感になりました。

自分で料理していても、今まで味見して「なんか違うんだよなあ」と迷っていたことが

「あ!あれが足りないんだ!」と速攻で分かるようになりました。

前よりもご飯が美味しくて堪りません。

太りました←

もしかしたら、逆に「太る」というインプラントのデメリットかもしれません。笑

②自信がついた

コンプレックスがなくなって自信がつきました。

口元って「すきっ歯」とか「出っ歯」とか本当コンプレックスになりやすい部位ですよね。

そこが綺麗になることって、本当に自信に繋がるんです。

私自身、歯がスカスカすぎて前歯が移動しちゃって前ばに隙間が出来てて

写真を取るときは絶対に歯を見せないようにしていました。



③笑えるようになった

インプラントをして歯が綺麗になったから、自信がつきました。

だから、口を開けて笑えるようになりました。

前よリも明らかに笑う回数は多くなったと思います。

④顔が縮んだ

これ本当です。

歯が正しい位置でかみ合うようになったので、頬の肉が落ちました。

体重は変わっていないのに顔が明らかに縮みました。

これからインプラントをする人は手術前の顔写真を取っておくといいと思います!



“インプラント”のデメリット

①手入れが大変

フロスしたり、なるべく細かく歯ブラシしたりと歯磨きにかける時間が多くなりました。

虫歯対策になるからいいんですが、、

大変です。

毎日15分〜20分磨いています。

②毎日マウスピース

寝ているときにゴム製のマウスピースを毎日つけます。

慣れれば平気ですが、違和感が半端ないのと、朝の不快感がすごいです。

朝起きた時の口の中って「トイレ」並みに汚いらしいのですが、朝のいつもの乾燥した不快感にさらにプラスされます。

トイレがさらに汚くなったイメージです。笑

③半年に1回のメンテナンス

遠い場所でインプラント手術をしてしまうと通うのが大変です。

社会人だとなおさらなんじゃないでしょうか。

私の場合、他県でインプラント手術を願いしたので毎回往復5時間かけてメンテナンスに行っています。



④顎がおかしくなる(リスク)

これはインプラントを施術した全員に当てはまらないと思うんですが

私の場合、インプラントを入れることで噛み合わせが変わってしまって顎関節症になってしまいました。

「顎関節症」は、顎に痛みを感じたり、開けづらくなる病気です。

顎が少し痛いのと、大きく口を開けられません。

でも、顎関節症が併発しましたが口に歯が生え揃った嬉しさには代えられませんでした。

⑤インプラントは10年しか使えない(リスク)

公式ではインプラントの被せ物は10年しか持たないと言われています。

もっと持つ人もいるとは思うんですが、

私の場合、10本分の被せ物の代金が100万円なのでこれが10年ごとに必要となると経済的に厳しいですよね。

単純計算で今21歳なので80歳まで生きるとしたら600万かかりますね笑

維持費用も合わせたらマウスピース代が年間で1万かかるので80個必要なので

700万近く維持費用がかかりそうです(冷や汗)

まとめ

今回はインプラントのメリット・デメリットとインプラントを入れた実体験について書きました。

インプラントをこれからする人の足しになれば嬉しいです!

ちなみに、私が実際に施術した病院が知りたいのでしたらツイッターのDMからお教えします!(身バレ怖いので…)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゴリラ子

こんにちは! ゴリラブログの管理者のゴリラ子です! (中身は女子大生です) 最近は単位も取り終わったので、貯金で引きニート生活を楽しんでいます。 Youtubeにも飽きてきたころなので趣味で雑多ブログをはじめました。 ゆるーい感じで進めて行こうと思います。