【2019最新版】”絶滅危惧種”の本:人気ランキング

絶滅危惧種について、詳しい図鑑って意外と少ないですよね。

普通の動物図鑑を読んでもあんまり詳しく書いていないです。

そこで今回は絶滅危惧種について詳しく書いてある図鑑をまとめてみました。

内容の充実度や価格、評判からランキングにしました。

あなたの図鑑選びの参考までに!

絶滅危惧種の図鑑:BEST5

絶滅危惧種のランキングをまとめました。

写真が充実している図鑑や、解説文が多い図鑑など図鑑の種類によっても様々な見せ方があるので、目的に合わせて選んでみてください。

【1位】ENDANGERED 絶滅の危機にさらされた生き物たち

値段発売日ページ数
4,536円2017/12/1 336ページ

【POINT】
✅世界7か国同時刊行
✅見る者の心に強く訴えかける写真
✅動物たちが直面する脅威や現実を浮き彫りにする解説


(出典:ENDANGERED 絶滅の危機にさらされた生き物たち)

メッセージ性の強い写真とともに絶滅危惧種を理解したい人におすすめ

「ENDANGERED 絶滅の危機にさらされた生き物たち」は、世界7ヶ国で同時に発売された絶滅危惧種の図鑑兼写真集です。

絶滅危惧種についてよく知らない人でも、ビジュアル写真とともに絶滅の危機に瀕している動物について理解を深められます。

地球上から動物たちが姿を消す前に、私たちに語りかける究極の動物写真とメッセージです。

動物の生について、考えさせられる一冊。

【2位】PHOTO ARK 動物の箱舟 絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

値段発売日ページ数
3,888円2017/8/12400ページ

【POINT】
✅400枚の充実の写真数
✅6000種の動物たちの写真中から厳選
✅美しく精密な写真


(出典:PHOTO ARK 動物の箱舟 絶滅から動物を守る撮影プロジェクト)

400種掲載。美しい写真とともに絶滅危惧種について知りたい人におすすめ

写真家一人で6000種もの動物たちを撮影したなかで厳選された400枚の写真が載っています。

絶滅危惧種を中心とした400種もの動物たちが本書に掲載。

それぞれの動物の絶滅の可能性についても、国際自然保護連合の基準をが表記されています。

また哺乳類だけではなく、虫や魚、貝なども紹介されています。

美しすぎる精密過ぎる写真の数々に心が動きます。

【3位】ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (SPACE SHOWER BOOks)

値段発売日ページ数
3,024円2013/6/24160ページ

【POINT】
✅白黒の統一背景に映し出される動物たち
✅動物〜植物:66種を紹介
✅絶滅危惧の原因など豊富な解説


(出典:ナショナル ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (P-Vine Books))

植物〜動物まで絶滅危惧の原因、個体数なども詳しく知りたい人におすすめ

カタツムリ〜食虫植物、オオカミ〜アメリカシロヅルなど植物から動物まで様々な絶滅危惧種が69種も掲載しています。

絶滅危惧種について現在の個体数、生存の脅威となる要因、写真家本人による洞察力に富んでいる解説など内容が充実しています。

読んでいる人の心を揺さぶるような動物たちの写真や著者からのメッセージ。

【4位】IUCN レッドリスト 世界の絶滅危惧生物図鑑

値段発売日ページ数
5,539円2014/1/25160ページ

【POINT】
✅レッドリストをもとにIUCNが365種を選出
✅動物、植物、菌類など幅広い種について紹介
✅写真・生息域・危機の原因・改善の取り組みなど掲載

IUCNが発行した絶滅危惧種の図鑑

レッドリストを出している国際自然保護連合(IUCN)が、その中から厳選した365種を紹介した図鑑です。

絶滅危惧種の写真・生息域・危機の原因・改善の取り組みなど様々な詳しい情報が載っています。

紹介されている絶滅危惧種は、動物をはじめ、植物、菌類など私たちが知らないような種まで掲載。

【5位】消えゆく野生動物たち: そのくらしと絶滅の理由がわかる絶滅危惧種図鑑 (子供の科学★サイエンスブックス)

値段発売日ページ数
2,376円2014/7/495ページ

【POINT】
✅子供から大人まで読める
✅ビジュアル写真と詳しい解説文
✅絶滅の状況を総合的に解説


(出典:消えゆく野生動物たち: そのくらしと絶滅の理由がわかる絶滅危惧種図鑑 (子供の科学★サイエンスブックス))

子供と一緒に読みたいい人におすすめ

代表的な動物が生き生きとしたビジュアル写真とともに絶滅の危機に瀕している理由とともにまとめられている図鑑です。

迫力のある写真とともに絶滅危惧種の現状について書いてある図鑑。

専門用語(例えば”固有種”)などもわかりやすく説明してあるので、お子様にも読みやすい一冊です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

絶滅危惧種は注目せざるおえない問題です。関心を深めて自分自身ができる身近なところから変えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゴリラ子

こんにちは! ゴリラブログの管理者のゴリラ子です! (中身は女子大生です) 最近は単位も取り終わったので、貯金で引きニート生活を楽しんでいます。 Youtubeにも飽きてきたころなので趣味で雑多ブログをはじめました。 ゆるーい感じで進めて行こうと思います。